目地シーリングの打ち換え

2017年2月26日(Sun)

窯業系サイディングの目地シールの打ち換え

窯業系サイディングの外壁塗装での目地シールの打ち換えのご紹介です。

前回の窯業系サイディングの外壁塗装での目地シールの続きです。
今回の現場ではハットジョイナーを使用していても、ボンドブレーカーを貼らないでシーリングしているため三面接着になっている箇所が多いことは前回紹介しました。そのような場合の打ち換えは、目地幅に応じた幅のボンドブレーカーを貼り直してから 打ち換えます。

竪樋付近の目地シーリング撤去後の様子 三面接着になっていた箇所の目地シーリングの撤去の様子
(左)撤去後の目地底面の様子・(右)目地幅に応じた幅のボンドブレーカーを貼ります

シーリング充填作業の様子 ヘラで均し作業の様子
(左)シーリングの充填作業の様子・(右)ヘラで均し作業の様子

これでシーリング材の機能を生かせる二面接着による打ち換えができます。

二面接着と三面接着についての詳細はおい川塗装店HP・「外壁塗装におけるシーリング工事」のページ二面接着と三面接着の項を参照。

パームリンク | コメント (0)

        

目地シーリングの撤去

2017年2月13日(Mon)

窯業系サイディングの目地シールの撤去

窯業系サイディングの外壁塗装での目地シールの撤去のご紹介です。

今回の現場は、窯業系サイディングの外壁塗装です。目地のシーリングは「打ち換え」、付帯物や開口部廻りは「増し打ち」でのシーリング工事です。
外壁塗装は既存の意匠を生かしたクリア仕上です。塗装後にシーリングの打ち換えを行いますが、とりあえず打ち換え部の既存シーリングの撤去からから作業開始です。

竪樋付近の目地シーリング撤去後の様子 三面接着になっていた箇所の目地シーリングの撤去の様子
(左)竪樋付近の目地シーリングの撤去後の様子・ハットジョイナーが一部錆びていました
(右)2〜3割位の箇所で三面接着になっておりシーリングの撤去には時間がかかりました 

        

パームリンク | コメント (0)

        

元のページに戻る | ページのトップへ