トップコート剥がれと塗り替えの対応

2017年8月28日(Mon)

FRP防水のメンテナンス(2)

テラスのFRP防水のトップコートが剥がれかかっている場合の塗り替えについての紹介です。

前回ご紹介しましたテラスFRP防水面のメンテナンスでは既存のトップコートに剥がれが見られない場合の例でした。今回ご紹介する現場では、テラスFRP防水面のトップコートに部分的な剥がれが数か所あり、 研磨作業が必要な場合のメンテナンスの紹介です。
剥がれている箇所は皮スキ等で浮いている塗膜をはがし、ディスクサンダーで全体を研磨しました。その後溶剤拭き、FRP専用プライマー、アクリルウレタン系トップコート2回塗り仕上げでの塗り替えを行いました。

既存の様子
付着不良による部分的なトップコートの「剥がれ」があります

研磨後の様子
ディスクサンダーによる研磨後の様子

トップコート塗装後の様子
トップコート2回塗り塗装後の様子

パームリンク | コメント (0)

        

記事へのコメント・ご感想、ご質問、ご相談などお受けしています。




- PostMail -
                

元のページに戻る | ページのトップへ