シート防水の機械的固定工法

2017年1月25日(Wed)

塩ビシート防水の改修工事

陸屋根の塩ビシート防水を再び塩ビシートを使用した改修工事、「シールド工法」のご紹介です。

経年劣化した塩ビシートの防水層。塩ビシートはいままで全面撤去が一般的でした。
硬化が原因で、突起状あるいは破片と化した既存の塩ビシートから新設のシートを保護し、可塑剤の移行をブロックする専用マット。
引き裂き強度に優れたシールドマットが、既存の塩ビシート機械的固定工法のかぶせ改修を可能にしました。
接着工法に比べて工期の短縮、コストの削減になります。

誘導加熱装置でアンカーに溶着し固定します 固定後の様子
(左)誘導加熱装置でシートをアンカーに溶着し固定します・(右)固定後の様子

陸屋根既存の様子
改修後の様子

        

パームリンク | コメント (0)

        

記事へのコメント・ご感想、ご質問、ご相談などお受けしています。




- PostMail -
                

元のページに戻る | ページのトップへ