シート防水のかぶせ工法

2017年1月17日(Tue)

シールド工法による改修工事

陸屋根のシート防水の改修工事。既存のシートをそのままのかぶせ工法のご紹介です。

従来の防水改修工事では、既存の塩ビシート防水の場合、既存のシートの撤去が基本でした。シールド工法は既存のシートを撤去することなく、改修工事が可能な改修工法です。
専用の絶縁シートの使用で、硬化した既存塩ビシートの突起から新規塩ビシートを保護し、作業中の簡易雨養生を可能にします。
アンカーとディスクを使用する機械的固定工法は接着工法より天候に左右されないので、工期が短縮できます。また既存との通気層が確保でき、下地の水分を逃がしやすいなどの特徴があります。

陸屋根既存の様子 陸屋根既存の様子
(左)陸屋根既存の様子・(右)絶縁シート貼り後の様子

陸屋根既存の様子
固定用ディスクの取り付け後の様子

        

パームリンク | コメント (0)

        

記事へのコメント・ご感想、ご質問、ご相談などお受けしています。




- PostMail -
                

元のページに戻る | ページのトップへ