外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

ALC外壁の雨漏りとシーリング

2015年10月19日(Mon)

ALCの雨漏り

ALC外壁の雨漏りの原因とシーリングについて紹介しています。

前回の投稿の続きになります。築34年、4F建てのALC外壁で、初めてのシーリング打ち換え工事の例です。
前回の投稿は建物東面でしたが、今回は西面の紹介です。
この面の外壁からも雨漏りがしているとのご相談でした。地上からの観察でも大体の雨漏りの原因の想像はついていました。
しかし、足場を架設後、近くで確認すると、傷みの程度は予想以上でした。
雨漏りの原因はALCの目地部とALC本体の欠けによるものが主原因でした。
目地部からの雨漏りは6箇所、ALCの欠損やひび割れに起因するものが3箇所ありました。

雨漏りの原因と思われる目地部の様子
目地部にはカビが生え雨水が侵入していたと思われる箇所の様子
ALCの欠損部の様子
ALCが欠損していて、内部が見えています
エアコン配管用開口部の様子
不要になったエアコン配管用開口部はそのまま放置してありました

ALC外壁では目地部のシーリングや地震後の揺れによるALC本体の欠損の有無などの定期点検が非常に重要であると再確認させられました。

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ