外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

二度目の屋根塗装と縁切り

2014年9月19日 (Fri)

03型タスペーサーによる縁切りスペース

コロニアル葺き屋根塗装で、03型タスペーサー縁切りと遮熱塗料によるペイントリフォームについて紹介しています。

今回の現場は築18年の離れで、屋根は二回目の塗り替えです。
6年前に母屋のリフォームの際、某大手のリフォーム会社で塗り替えたとのことですが、 縁切りはされておらず、色あせもひどく、外壁の塗り替えと共に屋根も塗装することになりました。
コロニアルの重ね目は塗料で塗り固められているところが多く、コロニアルを傷めないよう丁寧に剥がしてから塗り始めました。
タスペーサー03型を使用して縁切りを行いましたので、侵入した雨水の排水スペースが十分確保されました。

既存の様子
屋根既存の様子
塗装後の様子
遮熱塗料・快適サーモSi(水谷ペイント) color:ニューサーモブラック
2回塗り仕上げ・塗装後の様子
縁切り後の様子
前回の塗り固めてあった塗料が剥がされ、十分な排水スペースが確保されているのが確認できます

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ