外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

シーリングの打ち替え・その2

2013年12月17日 (Tue)

シーリングの目地幅と二面接着

窯業系サイディングの目地幅と二面接着の関係について紹介しています。

昨日の投稿の続きです。
せっかくハットジョイナーを使用してサイディングを貼り合わせても施工が悪く、隙間が大きすぎて目地幅が広過ぎる場合、二面接着の長所が生かされません。
隙間の部分は目地の底面にシーリング材が接着し、サイディングのムーブメントに追従出来なくなります。
弊店のシーリング工事では、この隙間に一度シーリングを捨て打ちしてハットジョイナーと同一面になるようにします。
つまり、前もって平滑な底面を造り、ボンドブレーカーを貼って二面接着を確保します。

既存のシール材を撤去した状態 シーリング材を捨て打ちし平滑な底面を造ります
既存のシーリング材を撤去後の様子・ハットジョイナーの右側に隙間が大きく開いています 隙間にシーリング材を捨て打ちし平滑な目地底面を造ります
目地幅に合ったボンドブレーカーを貼り二面接着を確保します
目地幅に応じた幅のボンドブレーカーを貼り二面接着を確保します

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ