外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

窯業系サイディングのシーリング工事

2013年9月2日 (Mon)

目地のシーリングの打ち替え

窯業系サイディングの外壁塗装におけるシーリングの打ち替えについて紹介しています。

窯業系サイディングの外壁塗装では、目地などのシーリング工事が塗装下処理として必要になることが殆どです。
目地部はムーブメントが大きいため、シーリングの劣化も早く、塗り替え時期には、すでにシーリングの打ち替えが要求されます。
今回の現場では、石材調サイディングをクリア仕上げにするため、既存のシーリング材の撤去は、カッターナイフを使用して、サイディングを傷つけないよう注意して行いました。

シーリング既存の様子 既存シーリング材撤去後の様子
既存の目地部シーリングの様子 既存シーリング材を撤去後の様子
シーリングの取り残しの無いように マスキングテープで養生しプライマーを塗ります
シーリング材の取り残しの無いよう、丁寧に取り除きます マスキングテープで養生し、小口にプライマーを塗ります
シーリング既存の様子
シーリング材を充填し、ヘラでならして仕上げます

この窯業系サイディングの一階部分のストーン調は今後クリア仕上げの予定です。

シーリング工事のポイントなどの詳細は、おい川塗装店HP・「外壁塗装におけるシーリング工事」のページを参照。

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ