外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

北陸・山陰のツーリング

2013年5月12日 (Sun)

北陸、山陰の旅・2

連休を利用した2,700kmの北陸・山陰のツーリング時の写真紹介第二弾です。

時間がとれず、遅ればせながらの投稿です。
前回投稿しました富山の黒部立山アルペンルートをはじめとして、福井の東尋坊・越前海岸、京都の天橋立・伊根、鳥取の堺港・鳥取砂丘、島根の出雲大社、山口の萩・秋吉台を見学し山口市から山陽自動車道に乗り、一路帰ってきました。

東尋坊
柱状節理の岩石が造形する東尋坊(4.29)
越前海岸・呼鳥門
越前海岸・呼鳥門
若狭湾に浮かぶ漁火
若狭の海では、イカ釣り船の漁火が日没とともにその数が増えて行きます(4.29)
安寿と厨子王丸
丹後由良・森鴎外の代表作「山椒大夫」の安寿と厨子王丸(4.30)
由良川河口付近
由良川・若狭湾に注ぐ河口付近(4.30)
股のぞきの天橋立
天橋立
笠松公園での定番「股のぞき」でパチリ、天に架かる橋に見えるでしょうか(5.1)
千貫松
天の橋立の数千本に及ぶ松並木は古いものが多く樹齢も定かではありません。
「千貫松」は千貫文目の値打ちがあるということで付けられた名前なそうです(5.1)
カモメが遊ぶ舟屋の里
べた波の海で遊ぶカモメと舟屋の里(5.1)
イカ釣り船と舟屋
イカ釣り船と舟屋・地形が幸いし、台風などの時化(しけ)にも強い伊根地方(5.1)
砂丘から鳥取港方面を望む
鳥取港方面を望む鳥取砂丘・予想より砂丘のエリアが狭く感じました(5.2)
砂丘にちりばめられた足跡
何人が残した足跡でしょうか・何処を観ても足跡だらけです(5.2)
境港の妖怪ロード
境港の妖怪ロードではこんな風景も(5.2)
妖怪ロードの下駄屋さん
妖怪ロードの下駄屋さん・妖怪ロードはその名の通り何処を観ても妖怪だらけ
境港で食したカニの刺身と網焼き、カニみそは今回の旅で一番のグルメでした(5.2)
出雲大社の主祭神・大国主大神とウサギ
神話の「因幡の白うさぎ」(5.3)

大国主大神は多くの女神と結婚して多くの子供をもうけたことから、縁結びの神様としても崇められ、出雲大社で結婚式をされる方も多い。

北浦街道から見た夕日
萩に向かう途中、北浦街道から観た夕日・関東に比べると
夕暮れは遅くPM6:52に撮影です。まるで夏のようです(5.3)
松下村塾
松下村塾
吉田松陰の実家の小屋をリフォームしタ物とのこと。思っていたものより狭いものでした(5.4)
吉田松陰講義室
この講義室から維新の息吹が生まれたと思うと灌漑深いものがあります。br/> 萩城は川と海に囲まれ、城下も古い町並みの残る粋な町でした(5.4)
秋吉台
秋吉台は予想より広大で、絶景でした(5.4)
秋吉台のアザミの花
岩に寄り添うように咲く一輪のアザミの花は実に印象的でした(5.4)
秋芳洞入口付近
秋芳洞入口(5.4)
百枚皿
百枚皿・自然が造り出すイリュージョンの世界は素晴らしい(5.4)

岩手の竜泉洞は地底湖の素晴らしさにあるが、秋芳洞は造形の素晴らしさ、スケールの大きさでは格別でした。

黄金柱
一滴が蓄積してこの形。どんなに小さな一歩でも、継続こそ成せる技。(5.4)
北陸自動車道「入善PA」から見た夕日
帰路の北陸自動車道「入善PA」から見た日本海に沈む夕日・ただただ綺麗でした。(5.4)

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ