外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

屋根塗装・割れているコロニアルの差し替え

2013年4月27日 (Sat)

割れているコロニアルの差し替え

屋根塗装の前処理として、割れているコロニアルの差し替えについての紹介です。

屋根塗装のリポートの度に、割れているコロニアルの差し替えについてリポートしておりますが、それほど割れているケースの多いのが実情です。
今回の草加市、O氏邸の場合、乗ってはいけない部分に不注意に乗ってしまって割れたケースで、計3枚の差し替え交換の例です。
壁際や谷、ケラバなど水切り付近のコロニアルは、浮いた状態で葺いており、その上に加重すると割れてしまいます。
職人でも、そうしたことへの配慮に欠け、割ってしまうことが多いようです。
この種の割れは新築時からのものが多く、またテレビのアンテナ工事の際などによるものがほとんどです。
建築現場における施工管理の甘さが指摘されるところです。

既存コロニアルの割れている様子 差し替え交換後の様子
割れているコロニアルの様子 差し替え交換後の様子
既存コロニアルの割れている様子
水切り付近のコロニアルは5mm前後浮いた状態になっています
屋根に登るときは、水切り付近には絶対乗らないことが肝要です
割れていたコロニアルの割れ口の汚れの様子
割れ口の汚れ具合から、かなり以前から割れていたことが伺われます

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ