外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

屋根塗装・コロニアルの差し替え

2012年1月15日 (Sun)

コロニアルの差し替え

屋根塗装の前処理として、割れているコロニアルを差し替えます。その実際例を紹介しています。

弊店の屋根塗装では、割れている屋根材はシーリング処理など、応急処置ではなく、新しいものに差し替えてから塗装しております。
現在施工中の現場では2枚のコロニアルの割れがありました。

既存の様子
一見、見落としそうな「割れ」です
しかし、重なり部の内部でどのような方向に割れているかわかりません
このケースは要注意です
割れているコロニアルを抜き取った様子
重なり部の見えない箇所で横方向に走るひび割れでしたなら最悪でしたが、 釘打ちによるもので縦方向でした
最悪のケースでなかったので一安心です
抜き取ったコロニアルの様子
抜き取る際に、コロニアルが前回塗装した時の塗料によって接着していました
前回の塗装では縁切りがなされていなかったことになります
塗装の際に、重なり部の隙間からどれだけの塗料が入り込むかが、この写真からもうかがい知ることができます
雨水が釘穴の上まで入り込んでいたこともわかります
コロニアルを差し替え後の様子
割れているコロニアルを新しいものに差し替えた状態

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ