外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

シルビアUVカットクリヤーによる外壁塗装

2011年10月4日 (Tue)

石材調吹き付け材へのクリヤー塗装

築11年の外壁。石材調吹き付け材のトップコートが劣化。
シルビアUVカットクリヤーによるクリヤー塗装の紹介です。

石材調の吹き付け材の既存の意匠を生かしたクリヤー塗装は早め(7~8年)の手当てが大切です。
既存のトップコートが剥がれる前に塗り替えるのが鉄則です。
遅れるほど、塗り替え時の仕上がりを左右します。

外壁既存の様子
既存の様子。一部錆汁汚れ、雨だれ汚れが気になります
クリヤー塗装後の様子
塗装後の様子。ひび割れ処理跡のぼかし作業に苦慮しました

施工の詳細はおい川塗装店HP・「シルビアUVカットクリヤーによる外壁塗装施工例」のページを参照。

シルビアUVカットクリヤーの特徴など詳細は、おい川塗装店HP・「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のページを参照。

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ