外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

屋根塗装・コロニアルの割れ・その2

2010年8月31日 (Tue)

コロニアルの割れる原因・その2

コロニアルの屋根塗装をしていると、コロニアルが何枚かが割れていることが多い。
その原因の中で多いのが水切り部の割れです。

ケラバや壁際水切りなどの付近はコロニアルが5~7mm程度浮いています。
その上に無造作に乗ると、コロニアルが割れてしまいます。
それが原因で、新築時の工事中に割れたと思われるものも結構多い。
水切り部のコロニアルには絶対乗らないようにすることが(30cm程度手前まで)大切です。

水切り部のコロニアルの浮いている様子
ケラバや壁際水切り、谷などの付近はコロニアルが5~7mm程度浮いています

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ