外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

屋根塗装・棟包みの押さえ釘

2010年8月18日 (Wed)

棟包みの押さえ釘の浮き

トタン、コロニアルなど薄板葺き屋根塗装で、水洗い後に最初に行う作業が棟包みの押さえ釘のチェックです。
殆んどの現場で押さえ釘の浮きが見られ、抜けてしまっている箇所もあります。
1本も釘の浮きがない屋根はまれです。
その原因を紹介します。

棟包みは薄い鋼板ということもあり、風圧や建物の揺れなどの力を受けて振動しています。
しかし、いろいろな現場を見てますと、屋根によって釘の浮きの程度に大きな差があります。
その原因は、棟包みと長押しとのすき間です。
長押しの板がまっすぐでなかったりするため、作業性の関係で少し余裕を見て、打ちつけ幅を棟包みより狭くして打ち付けるためです。
そのすき間があることで棟包みの振動を助長し、押さえ釘が抜けやすくなります。
長押しの打ちつけ幅が適正で、棟包みとフィットしていることが重要です。些細なことのようですが細かな配慮をしながら作業をすることは、それだけ手間のかかることなのですが、長期的な観点から見るとそれだけの意味のあることなのです。

棟の構造
棟の雨仕舞い。長押しと棟包みの幅がフィットとして、遊びのないことが重要。

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ