外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

外壁塗装・樋の塗装

2009年12月6日 (Sun)

樋の塗装

研磨材を使用して、全体に細かなキズを付けます。
塗料の付着力を向上させるのが目的です。
このような作業を「目粗し」又は「足付け」ともいい、その上で塗装します。

南面は他と比較して、どうしても日射の関係で樋の色あせが進みます。
塩ビ製ですので塗装したからといって、耐久性が向上するというわけではありません。
しかし、外壁等周囲がきれいになると樋の色あせ、汚れが気になります。「全体をきれいに塗り揃える」という目的で塗装します。

塗料はクリーンマイルドシリコン(弱溶剤二液形アクリルシリコン樹脂塗料・エスケー化研)で行いました。

研磨材による目粗し作業中 軒樋の塗装後の様子
研磨材による目粗し作業の様子 軒樋の塗装後の様子

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ