外壁塗装現場リポート・おい川塗装店BLOG

外壁塗装、屋根塗装など住宅塗装の現場からのリポートです

外壁塗装見積り調査・U氏邸

2009年3月14日

外壁塗装の現地調査と見積り

ALC壁、築12年ということでしたが、ジョイントのシーリング等特に大きな問題はありませんでした。
複層吹き付け仕上げの既存塗膜はチョーキングが始まっていた程度。
北側の外壁には青苔の発生が見られ、御主人様も気にしておられましたので通常のアクリルシリコン樹脂タイプではなく、ナノコンポジットWによる塗装を御提案させていただきました。

今日は朝から雨で現場はoff。午後に予てから見積りの御依頼のあったU氏邸に向かった。
昨日のうちに連絡をさせていただいた。
工事予定がお急ぎでしたらお断りしようと思ったのですが、急がなくてよいとの御了承をいただきました。
本当にありがたいことです。
だたただ感謝。私も職人として現場に出ているので、今日みたいな日でないとなかなか時間が取れないので、お問い合わせの皆さんに大変御迷惑をおかけしています。
該当なされる方には本当に申し訳なく思います。

ナノコンポジットW

エコ塗料の優等生ナノコンポジットWはその名の通りナノ粒子のきめが細かく、アクリルシリコンとSiによる有機・無機のハイブリット型塗料で無機塗料に近い性能と無機の欠点である硬質とは違い微弾性塗膜を形成。
添加による防藻ではなく、塗膜は無機質に近いので、元々苔や藻の生えにくい性質をもっている。
ナノコンポジットWの特長はHPの「ナノコンポジットW」のページを参照。
ナノコンポジットWを使用した外壁塗装の施工例は「」ナノコンポジットWの外壁塗装施工例」のページを参照下さい。

外壁北側の青苔の様子
外壁北側の青苔の発生状況

元に戻る 元のページに戻る | トップヘ ページのトップへ